キーボード脱着式タブレット端末が欲しい件

iPadに代表されるタブレット端末の、従来型ノートパソコンと比較した優位点として、当然ながらキーボードがない分薄くて軽いという点、そして、画面を縦型に表示できるという点があります。A4縦の書類や電子書籍をスクロールなしで読めるのはやはり便利です。一方、タブレット端末の欠点としては、言うまでもなくキーボードがないので入力が大変であるという点があります。どんなにデジタルネイティブの人でも、画面上の仮想キーボードよりもハードウェアキーボードの方が打ちやすいのは変わらないでしょう。タブレット端末+Bluetoothキーボードというソリューションもありますが、そうなるとタブレットを立てるスタンドも必要ということで可搬性に問題が出てきます。

このブログには何回も登場しているHPの昔のWindowsタブレット機TC1100では脱着式キーボードによりこの問題に対応しています。

本来は物理キーボードなしで動くタブレットですが、キーボードを差し込むと通常のノートパソコンと同様のフォームファクターになります。電子部品が全部画面側にあるのでバランスがちょっと悪いのと、キーボードのストロークが浅いのでちょっと打ちにくいですが、まあ十分使えます。

さらに、TC1100でも実装されていないのですが、タブレット本体の縦縁と横縁の両方にキーボード接続ソケットを付けると、画面が縦型のノートパソコンとしても使えると思います。

A4縦の書類作る時にはページ全体を見渡しつつ編集できるので便利そうです。電子書籍を読みつつキーボードから注釈入力なんて時も便利かもしれません。コストや大きさ面でのペナルティは最小化しつつ利便性を大きく向上できるのではないでしょうか?

タブレット端末は結局フォームファクターくらいでしか差別化要素を出せなくなると思うので、メーカーの皆様に是非検討していただきたいものです。

カテゴリー: ガジェット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です