【小ネタ】小保方晴子さんのSTAP細胞の特許出願が公開されています

#自分の知識では技術的内容に踏み込めないので小ネタ扱いですみません。

今話題の「リケジョ」小保方晴子さんのSTAP細胞ですが、当然ながら特許出願されています。昨年4月に出願され、10月に公開されたPCT出願”GENERATING PLURIPOTENT CELLS DE NOVO”(PCT/US2013/037996)が少なくともその一つです。米THE BRIGHAM AND WOMEN’S HOSPITAL, INC.、理研、東京女子医大の共同出願で、小保方晴子さんが発明者の一人としてクレジットされています。まだ、どの国にも国内移行されていないので実体審査は始まっていないようです。

クレーム1は以下のようになっており、めちゃ広いです(もちろん、従属クレームでいろいろな限定がかかってますが)。このクレームで権利化できたらどえらいことですね。

1. A method to generate a pluripotent cell, comprising subjecting a cell to a stress.(細胞にストレスを与える手順を含む多能性細胞の生成方法)

特許出願の具体的中身については自分の知識ではまったくコメントできませんので、この分野の専門家のご意見を期待しています。

関連記事:

カテゴリー: 特許 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です