【実務者向け】商標登録出願の公開を防ぐ方法はないようです

twitter界隈でちょっと話題ですが、商標権取得のためではなく、特許庁に自分の思いのたけを伝えるかのような商標登録出願を繰り返している人がいます(事情がよくわからないのでこの件そのものには触れません)。これらの出願の審査経過情報を見てみると、出願して同日に取下げていることがわかりました。

image

これを見て思ったのは、出願即取下というパターンでも出願公開はされてしまうということです。特許であれば、ちょっと前に書いたように出願日(優先日)からおよそ1年4ヶ月経過までにに出願自体を取下げれば出願公開を防ぐことができますが、商標の場合は出願後ただちに公開準備に入る規定なので事情が異なるようです(特許庁に問い合わせたところシステムによって自動化されているので止める手段がないそうです)。

たとえば、新製品発表直前に製品名を商標登録出願したところ、何らかの事情により新製品発表が半年後に延期、このままだと出願公開で製品名が発表前にネタバレしてしまうというような事態で、あわてて出願を取下げても出願公開は食い止められないということになります。

カテゴリー: 商標 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です