米特許訴訟検索サービスRPX Searchがなかなか便利です

米国は基本的にすべての裁判情報がPACER(Public Access to Court Electronic Records)というサービスにより公開されています。実費相当額の料金が必要(件数が少なければ無料ですみます)ですが、進行中のもののも含めてほぼすべての裁判情報にアクセスできますので、確定判決の一部が裁判所のウェブで公開されるだけの日本と比べるとかなり進んでいます。

と言いつつ、PACERはUI的に決して使いやすくはないですし、あらゆる裁判情報が含まれているので特許訴訟だけを調べる時にはかえって大変ですし、前述のとおり有料であるという問題があります。この代替案として、防御系パテントアグリゲーターのRPX社が提供するRPX Searchが結構使えることがわかりました。PACERやITCのサイトから特許訴訟関連情報のみを抽出してモダンなUIで提供しています。有料制会員サービスですが、無料会員でもある程度のことはできます。

たとえば、トップページには「最近の特許訴訟10件」が常に表示されていますので興味深い裁判情報をいち早く得ることができます。また、サーチボックスに企業名を入れるとその企業が当事者になった特許訴訟がリストされます。最近Yahoo!ニュース個人にも書いたマクロニクスと東芝の訴訟の情報を見ようと思えばサーチボックスに”macronix toshiba”と入れてサーチすればすぐ見られます(ただし、ITCの情報は有料会員でないと見られません)。

image

なかなか便利なのはその特許訴訟の対象特許が一覧になって表示される点です。一般メディアの特許訴訟関連のニュースでは肝心の特許番号が書いてないことが多いですが、これを使えばすぐに調べられます。また、同じ特許による他の訴訟の情報も表示されます。たとえば、クライアントにトロールから警告書が来たとき等はこれで調べれば、そのトロールが他にどこを訴えているか等がすぐ分かって便利ですね。

こういう便利なサービスは政府(と司法)が裁判情報(およびITCへの申立て情報)をオープンデータとして公開していて初めて実現できるサービスなので、やはりこの点は米国は一歩先を行っていると言わざるを得ません。

関連記事:

カテゴリー: 知財, 特許 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です