特許料納付用のクレジットカードについて考える

4月から特許料等がクレジットカードで支払い可能になります。資金繰りが多少良くなりますし、残高不足の事故もなくなりますし、ポイントもたまるのでうれしいですね。

個人使用のクレジットカードを使うと経理処理が煩雑になりますし、限度額の問題も生じるので、特許料専用のクレカを新たに作ろうと思ったのですが、三井住友カードでは引き落とし銀行口座が屋号付(営業性個人)だとダメみたいです。楽天カードも同様でしたので、個人向けカードはみなそうなのでしょう。

法人カードにすればよいのですが、そうすると年会費がかかってしまいます。年会費かからない法人カードもあるようですが、それはポイントが貯まりません。

結局、個人名義で特許料専用の銀行口座を三井住友に新たに作ってそこを引き落とし口座とした楽天カード(ポイント的にお得ぽいです)を作ろうと思います。三井住友銀行どうしの送金はネット振込だと手数料がかからりませんので必要に応じて残高を移しておけば良さそうです。

網羅的に調べたわけではないですが、ご参考まで。

関連記事:

カテゴリー: 知財 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です