月別アーカイブ: 2011年1月

アクセス制御とコピー制御の違いとは

コンテンツを権利者が望まない形で視聴されないようにするための技術的防止策としては大きくアクセス制御とコピー制御があります。両者は関連してはいますが別の概念です。この2つの違いを明確に理解しておくことは重要です。 コピー制 … 続きを読む

カテゴリー: 著作権 | 1件のコメント

なぜ本を貸すのは良くてゲームを貸すのはダメなのか

元タイトルは「なぜ本を貸すのはよくてゲーム機を貸すのはダメなのか」だったのですが問題の本質はゲームソフトの貸し出しにあるので「ゲーム機」→「ゲーム」に変えました。どうもすみません。 ちょっと前のエントリーでホテル(に限ら … 続きを読む

カテゴリー: 著作権 | 2件のコメント

電話帳掲載詐欺的商法の特許版について

守秘義務の関係もあってあまり弁理士業務についてはブログに書かないようにしているのですが、ちょっと注意喚起という意味で書いておきます。(この件は、弁理士の先生はほとんど皆様ご存じだと思いますが、代理人通さないで国際出願する … 続きを読む

カテゴリー: 商標, 知財, 特許 | 1件のコメント

iTunes on Cloudは日本で展開可能なのか(著作権法的な意味で)

(追記:2011/02/22 12:30)本エントリーは2011年1月24日付のものです。最新情報についてはこちらのエントリーをご参照下さい。 「まねきTV」および「ロクラク」の両方において知財高裁の判断を否定する最高裁 … 続きを読む

カテゴリー: クラウド, メディア, 著作権 | 1件のコメント

米国における「まねきTV」的サービスについて(続き)

「ロクラク」についても、知財高裁判決が最高裁によりひっくり返されてしまいましたね。これについては週末にでもまとめて書きます。 ただ少なくも現時点の私の感触では、「まねきTV」でも「ロクラク」においても、裁判官の頭の中には … 続きを読む

カテゴリー: メディア, 著作権 | コメントする