新Google翻訳は特許翻訳に使えるか

ニューラルネット技術の採用により、Google翻訳が飛躍的に精度を向上させたことは周知かと思います(参考記事)。以前は、独語→英語のようなロマン語似た言語間の翻訳ならまだしも日本語への翻訳はちょっと厳しかったのですが、今や日本語と英語間でもかなり自然な翻訳が可能になっています(他の言語は読めないので検証できないですが、たぶ同様に精度が上がっているのでしょう)。

当然ながら、今までは非現実的だったGoogle翻訳による特許翻訳も十分検討に値するようになっています。

たとえば、適当に選んだ英語公報の一部を訳すと、こんな感じです。

In addition, the loading of an operating system (“OS”) refers to the initial placement of the operating system bootstrap loader. In one embodiment, during the OS load, a sector of information is typically loaded from a hard disk into the system memory. Alternatively, the bootstrap loader is loaded from a network into system memory. An OS “boot” refers to the execution of the bootstrap loader. This places the OS in control of the system. Some of the actions performed during the OS boot include system configuration, device detection, loading of drivers and user logins.

さらに、オペレーティングシステム(「OS」)のロードは、オペレーティングシステムブートストラップローダの初期配置を指す。一実施形態では、OSロード中に、情報のセクタが、通常、ハードディスクからシステムメモリにロードされる。あるいは、ブートストラップローダがネットワークからシステムメモリにロードされる。 OSのブートとは、ブートストラップローダの実行を指します。これにより、OSがシステムの制御下に置かれます。 OSの起動中に実行されるアクションには、システム構成、デバイス検出、ドライバのロード、ユーザーログインなどがあります。

 

十分読める日本語になっていると言えるでしょう。さらに言うと、”indexing 〜, identifying〜”という形式の方法クレームを訳すと、ちゃんと「〜索引付けするステップと、〜識別するステップと」と日本の請求項ぽく訳してくれるのでびっくりしました(原文にはどこにもstepなんて書いてないのに)。

ただ、上記の例文からもわかるように、である調とですます調が混在したり、用語の統一がなされなかったりするのでチェックは必要です。また、上記の文章ではないですが、なぜかFIG.1を図2と訳したり、否定文を肯定文で訳したりすることもあるのでさらに注意が必要です(構文解析をしないで機械学習だけでやってるのでこういうことになるのでしょう)。

自分の場合だと、英語→日本語で最終納品する場合は、Google様にやらせて自分で直すのと、最初から自分で直すのでは、そんなに時間が変わらないという感じでしょうか(一般に他人の訳文直すのは結構時間がかかります)。

PCT国内移行とか外国語出願のように後から誤訳訂正書を出せるケースで翻訳文提出の〆切が迫っている場合には便利かもしれません。米国出願のIDSにも使えるかもしれません。日本語が怪しげな海外の格安業者に任せるよりは全然ましでしょう。

さらに、自分は英語と日本語以外は読めないので、中国語とかスペイン語のOA等の中身をざっと理解する分には有用であると思いました。

しかし、ニューラルネット(ディープラーニング)の仕組みは一応理屈では分かっているのですが、どんな英文投げても瞬時にそれなりのクオリティで翻訳してくれる(しかも無料で)のは、何かコワイです。

カテゴリー: 特許, 翻訳 | コメントする

Yahoo!ニュース個人のヒット記事(2016年9月および10月版)

更新し忘れです。11月からちゃんと書きます。

2016年9月

第1位.トヨタの”アルミテープチューニング”の特許出願について

車体にアルミフォイルを貼ることで静電気を放電し、空力特性を向上させるというトヨタの特許出願に関する記事です。いかにも「オカルト」ぽいのですが、有意な実験結果はあるようです。

第2位.アップルと戦う島野製作所、特許無効により厳しい状況に

アップルを特許侵害訴訟で訴えていた下請けメーカー島野の特許の無効審判で無効審決が出たという話です。その後、侵害訴訟の第二審ででも非侵害の判決が出てしまいましたので、もう島野側の勝ち目はないと言ってよいと思います。個人的にはちょっと残念でしたね。

第3位.なぜ脱獄済iPhoneを販売すると逮捕されてしまうのか

Jailbreak済のiPhoneをオークションで販売したことで商標法違反で逮捕されてしまった事件の解説です。商標の品質保証機能が損なわれているからというのが理論的説明ですが、当事者および購入者が後にソーシャルゲームでのチートにより電磁的記録不正作出及び供用罪で立件されていることを考えるとちょっと別件逮捕的な臭いを感じますね。

第4位.アップルの次のイノベーションは紙袋?

商品を入れる紙袋に関するしょうもなさそうな特許をアップルが出願したというこぼれ話的ニュース。アップル社員も出願ノルマがあるのかなと思ってしまいました。

第5位.“お騒がせ者”ジョン・マカフィーとインテルが商標問題で訴訟沙汰に

アンチウィルスソフトで有名なマカフィー社の創業者ジョン・マカフィー氏がマカフィー社の権利をインテルに売却した後に、自分の会社に自分の名前を付けたところ、インテルから警告書が来たので訴訟したという話です。当事者間の契約に帰着する話なので、外からではよくわかりません。

2016年10月

第1位.PPAPに商標登録は必要か

PPAP(ペンパイナップルアップルペン)関連の商標登録出願がまったく行なわれていない件を紹介した埋め草記事wです。商標権で守るほど長期的な人気を確保できる可能性は薄いでしょうね(本人もわかってると思いますが)。

第2位.JASRACを訴えた佐村河内氏の言い分は正当なのか

JASRACに著作権利用料の支払いを求めた佐村河内氏の裁判の勝率を検討しました。新垣氏から佐村河内氏に著作権が正当に譲渡されているのであれば、JASRACには支払い義務が生じるでしょう(真の著作者を偽った件がJASRACの規定的にどう扱われるかという問題はありますが)。

第3位.JASRAC、第二審でもファンキー末吉氏に勝訴

元爆風スランプのドラマーファンキー末吉氏がライブハウスでの著作権使用料をめぐってJASRACを訴えていた裁判で、一審に続き、二審(知財高裁)でもJASRAC側勝訴となったという件です。JASRAC管理曲を営利目的で演奏して使用料を払わないことが裁判で認められないのはしょうがないでしょう。攻めるなら(ライブハウス経営者としてはでなく)JASRAC会員として分配方式の透明性向上という点で攻めて欲しかったと思います。

第4位.トヨタの”アルミテープチューニング”の特許出願について

9月の1位と同じです。

第5位.ドクター中松氏の新発明「スマホ目がネー」について

ドクター中松氏のユニークな発明に関する埋め草記事です。もう新規性・進歩性とかはどうでもよいので、いつまでもお元気で私たちを楽しませて下さいというのが感想です。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

日経BP知財Awarenessのメディアとしての責任について

特に海外系の知財ニュース・分析が充実していた知財系サイト日経BP知財Awarenessが2016年10月31日時点で運営終了となりました。

image

予告なしに終了したのもびっくりですが、もっとびっくりしたのは過去記事にもアクセスできなくなってしまったことです。更新終了はビジネス上の判断としてやむを得ないとしても、過去記事をそのまま残しておくことはできなかったのでしょうか?サーバの費用なんて営利企業にとっては知れたものだと思うのですが。寄稿者との契約上のしばりというのも考えにくいですし。

私事ですが、10月中にもらった仕事のメールに参考資料として知財Awarenessの記事がリンクされていたのですが、それにもアクセスできなくなってしまいました。しょうがないのでGoogleのキャッシュで見ています(もうじき見れなくなってしまうと思いますが)。Internet  Archiveに残ってる記事も少ないようです。

営利事業として運営していたWebメディアが終了した時は、過去記事はできるだけ残しておくのが普通だと思います。たとえば、ITmediaのBusiness Media誠が終了した時は、既存コンテンツはURLも同じにキープしたまま残されました(参照記事)。

ということで、日経BP知財Awarenessのメディアとしての責任を問いつつ、過去記事が再度アクセス可能となるようにお願いする所存です。

カテゴリー: メディア, 知財 | コメントする

Yahoo!ニュース個人のヒット記事(2016年8月版)

すみません、また書くの忘れてました。定例記事です。

1位.西村博之氏、2ch.netドメインの奪還に失敗

2ちゃんねる創始者の西村博之氏が、2ちゃんねるの現運営(ジム・ワトキンス氏)の2che.netドメインの登録を取り消すべく、WIPOに調停要求をしていたのが証拠不十分で請求却下になったという話です。WIPOの調停処理は有名ブランドの名称を第三者が勝手にドメイン登録してしまったようなケース(サイバースクワッティング)に対応するためのものであり、ちょっと無理がありましたね。別途、裁判に訴えることになるのでしょうか?

2位.いきなり!ステーキの特許化について

立ち食いステーキでおなじみのいきなり!ステーキを運営するペッパーフードサービス社が、同店のステーキ提供システムを特許化したという話です。これで特許化できるのかというのが正直なところです。

3位.大勝軒による「山岸一雄」の商標登録出願が拒絶に

つけ麺の発明者とも言われる池袋大勝軒の元店長山岸一雄氏の名称を、池袋大勝軒運営会社が商標登録出願したところ、(元店長と同姓同名の)山岸一雄氏の許可を得ているわけではないとして拒絶になったという話です(不服審判、審決取消訴訟でも覆せず)。4条1項8号の規定上はしょうがない話かと思われます。

4位.ポケモンGoを開発したナイアンティック社の特許について

ナイアンテック社の特許の話ですが、ポケモンGoはあまり関係なくて、Ingressで使われているチャット機能に関係している特許でした。

5位.ダイソーで売っているiPhone用Lightning充電ケーブルとアップルの特許について

2014年12月に書いた記事です。新記事が少ない月は必ずと言ってよいほど上位に食い込んできますね(笑)。このメーカーさん、iPhone7対応のLightningとヘッドホンジャックの変換ケーブル(逆刺し不可バージョン)も100円で販売したりするのでしょうか?

カテゴリー: お知らせ, 知財 | コメントする

Yahoo!ニュース個人のヒット記事(2016年7月版)

書くの忘れてました。定例記事です。

1位.加護亜依商標登録問題がどうなったのか気になったので調べてみた

能年玲奈→「のん」の芸名問題に便乗wして、加護亜依が商標登録された問題について調べてみました。新事務所が不使用取消審判を請求したことで「歌唱の上演」等の芸能活動に本質的な役務について取消に成功しています(旧事務所側が取消訴訟を行ないましたが請求却下)。加護亜依さん側には朗報でしたが、芸名を商標登録することで芸能活動をコントロールできるのかという私の疑問は解決されないままでしたね。

2位.STAP細胞特許出願を米国特許庁が暫定拒絶

小保方氏を発明者の一人とする多能性細胞作成方法に関する特許の米国移行に米国特許庁が拒絶理由(Non-Final Rejection)を通知したという話です。どちらかというとこちらが1位になってほしかったですね。発明としての実現性がないのは確実なので当然ですが、米国特許庁の審査がザルでなくてよかったです。

3位.ポケモンGoの「商標登録問題」を検証する

任天堂によるポケモンGoの商標登録出願に拒絶理由通知が出ていたことが日本での展開が遅くなった理由ではないかというネットで見られる推測に対する反論です。拒絶理由通知は、過去のポケモン関連出願は共同出願だったのが今回だけなぜか任天堂の単独出願になっていたことで、自分の既登録と類似と判断されてしまったことによります。補正すれば済む話なのでまったくたいした問題ではありません。

4位.ワンダーコアの知財戦略について

「ワンダーコア」が意匠登録された記事は6月に書いていたのですが、実用新案も登録されていましたという話です。「戦略」というほどおおげさではないですが。ショップジャパンの商品にはショップジャパン社が企画・開発したものもありますが、ワンダーコア関係は台湾で企画・開発したものをライセンスを受けて販売しているという関係のようですね。

5位.ポケモンGo Plusデバイスの立体商標をグーグルが出願

発売が予定されているポケモンGo用「ウエアラブル」ポケモンGo Plusの形状そのものの立体商標の登録出願がの出願人が任天堂ではなく、グーグルになっていた件の分析です。米国で2014年のエイプリルフール企画「Google Mapポケモンチャレンジ」で使用したアイコンと類似なので、まずはグーグルに出願したもらったと推測されます。権利化後はたぶん任天堂に譲渡される手はずになっているのだと思います。

カテゴリー: お知らせ, 知財 | コメントする