【速報】アップルのLightningコネクタの特許が登録されそうです

iOS7のアップデートに伴いアップルの独自コネクタLightningの非正規互換製品が使用できなくなったようです(MacRumorの参考記事)。今のところは警告ダイアログが出るだけのようですが、アップルの判断でいつか本当に使えなくなるかもしれません。

Lightningに認証機能が入っているというのはiPhone5の発売当初から知られていました。非正規品には認証機能をバイパスする仕組みが入っていたのがiOS7でそのバイパス機能が無効にされたようです(MacRumorの記事によると中国の非正規品メーカーがiOS7でも動作する互換品を作ると豪語しています)。

さて、当然ながら、特許出願されているであろうと調べてみると、Apple Insiderの記事(Apple’s Lightning connector detailed in extensive new patent filings)が見つかりました。Lightningの基本設計ほぼそのものの特許出願”DUAL ORIENTATION CONNECTOR WITH EXTERNAL CONTACTS AND CONDUCTIVE FRAME”(外部コンタクトと導電性フレームを有する双方向コネクタ)(公開番号20130115821)が昨年の11月にされていることがわかります(優先日は一昨年の11月)。

この特許出願の最新状況を米国特許庁の審査情報データベースPAIRで調べてみると何とつい先日の9月19日に許可通知が出てました。後はアップルが登録料を払いさえすれば登録される状況です。

US20130115821A1-20130509-D00000

クレーム1は以下のようになってます(公開時点と同じです)。

A dual orientation plug connector comprising:

a 180 degree symmetrical connector tab adapted to be inserted into a receptacle connector during a mating event, the connector tab having width, height and length dimensions and comprising a frame that defines a shape of the connector tab, the frame having first and second opposing sides extending in the width and length dimensions, and third and fourth opposing sides extending between the first and second sides in the height and length dimensions, the first side including a first opening and the second side including a second opening directly opposite the first opening;

a first contact region formed in the first opening of the frame, the first contact region including a first plurality of external contacts and dielectric material between each adjacent contact in the first plurality of contacts and between each contact in the first plurality of contacts and the frame; and

a second contact region formed in the second opening of the metal frame, the second contact region including a second plurality of external contacts and dielectric material between each adjacent contact in the first plurality of contacts and between each contact in the first plurality of contacts and the frame, wherein at least one individual contact in the first plurality of contacts is electrically coupled to an individual contact in the second plurality of contacts.

中身を詳細に見ている時間がないですが、Lightningコネクタの基本構造をクレーム化したと思われます。普通は物の構造に関する特許でクレームの構成要素が多いと容易に回避されてしまうので権利としてはあまり強くないのですが、デッドコピー製品を排除することが目的であればあまり関係ありません。なお、同様の出願が国際出願されていることから米国以外で成立する可能性も十分にあります。

冒頭にiOS7でもLightningの認証をバイパスできる互換品を作ると言っている中国メーカーの話を書きましたが、特許が成立すると認証バイパス以前の問題として、同じ構造のものを作るだけで特許権侵害になり、販売禁止や輸入禁止の対象になってしまいます。Lightningケーブルの非正規品は(たとえ技術的にはちゃんと動作するものであったとしても)今後入手が困難になる可能性が高いでしょう。

まあ、アップルのライセンスを受けた正規品を買えばよい話なのですが、普通にUSBで接続・充電できるAndroid系のデバイスと比較すると、やはりアップルは俺様企業だなあという感を新たにしてしまいます。

関連記事:

カテゴリー: ガジェット, 特許 パーマリンク

1 Response to 【速報】アップルのLightningコネクタの特許が登録されそうです

  1. ピンバック: ダイソーで売っているiPhone用Lightning充電ケーブルとアップルの特許について | ニュースの女神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です