Appleのリア充向けイヤホン特許について

6月2日に、Appleが” Earphones with cable orientation sensors”という米国特許を取得しました(単なる公開ではなく権利化です)。特許番号は9,049,508です(まだ、Google Patent Searchに載っていないのでUSPTOサイトへのリンクを貼りました)。

この特許技術の主な目的はステレオイヤホンを片方ずつ2人で聴いている状態を検知して自動的にステレオモードからモノラルモードに切り替えるというものです。

使用イメージを説明するのにぴったりのCreative Commonsライセンスの写真素材があったので貼っておきます。まさに「リア充」向けの発明と言えましょう。

lgf01a201405040800
SCA Svenska Cellulosa Aktiebolaget

2人で聴かれている状態の検知方法としてイヤホンのケーブルが左右に分かれる部分の角度を圧力センサー等で計測し、左右に引っ張られている状態になっていれば2人で聴いていると判断する例が挙げられており、権利化もされています(真のリア充で相手と密着しているとセンサーが検知できないのではないかという気もしますが)。

キャプチャ

ただ、リア充の人でもこういうシチュエーションがそれほど頻繁にあるとも思えませんし、ステレオのままでも一応音楽は楽しめますし、どうしてもモノラルにしたければ別途手動で切り替えるスイッチや本体での設定を用意しておけば済む話なので、それほど価値がある特許ではないという気がします(分割出願が別の観点で権利化される可能性もありますが)。

[AD]あなたのちょっとした思い付きが特許になる可能性もあります。ご相談・お問い合わせはこちらから。

カテゴリー: 特許 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です